社会復帰

プログラミング

【ひきこもり脱却チャレンジ】エンジニア系の転職エージェントに行って絶望した話【働いてみる】

プログラミングの勉強を継続して、自信のついてきた私は次のステップを踏むべく、エンジニア系の転職エージェントに行きました。自分の力を試せるかもしれないと思った、体験授業で思わぬパニックになってしまい、技能面でも精神面でも就職に無理を感じるようになりました。
プログラミング

【ひきこもり脱却チャレンジ】ひきこもり、プログラミングの勉強を始める【プログラミング】

ひきこもりが就職を目指してプログラミングの勉強をはじめましたが、就職して働き始めるという最大の不安が払しょくできずに、その道のりにあるプログラミングの勉強がはかどりませんでした。しかし、この挫折から二度三度立ち直ることになります。
働いてみる

【ひきこもり脱却チャレンジ】初めての面接【働いてみる】

ひきこもりが社会復帰を目指し初の面接へ挑みます。履歴書や面接で空白の期間を何と語るのか。エージェントは私に、社会人としての振る舞いを求める。それでも、ひきこもりの私はひきこもりであることを隠しませんでした。不採用になるも、私は私のやりかたでしか生きることができないと再確認しました。
働いてみる

【ひきこもり脱却チャレンジ】ひきこもり、工場へ派遣される【働いてみる】

ろくな職歴もないひきこもりが期間工になるべく、仲介業者へ訪れました。業者に期間工としては企業には紹介できないと言われて、派遣社員として二か月半、工場で働くことになりました。初体験の労働。職場の雰囲気はとげとげしいものでした。
プログラミング

【ひきこもり脱却チャレンジ】p5.jsとの出会い。私の先生 Daniel Shiffman【プログラミング】

プログラミングの勉強をしていたら、Daniel Shiffmanという男の動画を見つけ、p5.jsを知り、彼からプログラミングのいろはを学ぶことになりました。彼のNature of Codeというコースは、遺伝的アルゴリズムをはじめとして、私に影響を与えました。
働いてみる

【ひきこもり脱却チャレンジ】営業系の転職エージェントに特攻した話【働いてみる】

ひきこもりが社会復帰を目指して、営業系の転職エージェントに訪れてみました。緊張の中、私の担当者が決まりましたが、研修を受けさせてはもらえませんでした。そして、営業の求人ではなく、サーバーエンジニアの求人に送り込まれ、ひきこもりが初めての面接に挑むことになります。
プログラミング

【ひきこもり脱却チャレンジ】フリーランスプログラマを目指す【プログラミング】

フリーランスプログラマなら在宅で仕事できるからひきこもりでも可能性があるんじゃないかと考えて、勉強を始めました。progateでの学習、サイト模写による技術鍛錬を終えましたが、案件獲得には乗り出せませんでした。しかし、web系の知識は自分でサイトを作ることに活かせます。
投資で金を稼ぐ

【ひきこもり脱却チャレンジ】個人投資家をめざす【投資で金を稼ぐ】

ひきこもり脱却を目指して、個人投資家を目指してみました。勉強した結果、FX、国内株式、先進国株式、インデックスファンド、ロボアドバイザーなどが候補に挙がりました。挑戦したFXには失敗して足を洗いました。投資するならインデックスファンドによる長期投資がお勧めです。
体から変わる

【ひきこもり脱却チャレンジ】瞑想をする【体から変わる】

ひきこもり脱却のため、瞑想して物事の捉え方を変えてみることに挑戦しました。瞑想とは、心を無にして、身の回りに溢れている過剰な情報をシャットダウンすることです。これによって、脳が不安を生み出し続けてしまうことを予防できます。
体から変わる

【ひきこもり脱却チャレンジ】体を動かす/体を鍛える【体から変わる】

ひきこもりを脱却するには、体を動かしたり体を鍛えて、思考や意志ではなくまず体から変わるという方法があります。私は、体を鍛えるためにハイキングや筋トレを試してみました。その結果、集中力や外向性が増し、社会復帰に一歩近づきました。
タイトルとURLをコピーしました