アイデンティティ

働いてみる

【ひきこもり脱却チャレンジ】初めての面接【働いてみる】

ひきこもりが社会復帰を目指し初の面接へ挑みます。履歴書や面接で空白の期間を何と語るのか。エージェントは私に、社会人としての振る舞いを求める。それでも、ひきこもりの私はひきこもりであることを隠しませんでした。不採用になるも、私は私のやりかたでしか生きることができないと再確認しました。
タイトルとURLをコピーしました