考えたこと

ひきこもりが教える

【ひきこもりが教える】オブジェクト指向プログラミング(OOP)って何?【プログラミング】

オブジェクト指向とは、普段人間が世界を認識している基準でプログラムを分割化することによって、人間にとってわかりやすいプログラムを作ろうという考え方です。オブジェクト指向型言語ではその考え方でプログラムを作ることを前提として、それ用の文法が用意されています。
考えたこと

【考えたこと】英語をプログラミング言語的に関数化してしまえば、日本語と同じ文法で書ける?

英語と日本語は自然言語なので、文法が共通していません。そこでプログラミング言語という自然言語に、英語も日本語も写しかえれば、ともに共通の文法で扱えるのではないか、という発想で、ちょっとしたお遊びをしてみました。
ひきこもりが教える

【ひきこもりが教える】プログラムを作れることとプログラミング言語を理解できることの違い【プログラミング】

プログラムを作れることとプログラミング言語を理解できることは別物です。プログラムを作るにはまず頭の中で全体を構想する段階が必要です。プログラミング言語はその構想を実現するための手段でしかありません。よってプログラミングの上達には、実際に作る経験が必須なのです。
タイトルとURLをコピーしました